どうしても発生する水漏れ!水回りの寿命とは?

トイレの水漏れを防ぐために、年末の大掃除のときなどに定期的にチェックをしておくことは重要です。トイレ自体の寿命を長引かせることができるメリットがあります。そもそもトイレの寿命は、どれくらいなのか気になるところではないでしょうか。

■トイレの部品の寿命は10年と言われている

水回りに設置されているアイテムは、使い続けることで、いずれは故障トラブルが発生してしまいます。人が作ったものなので、いつか壊れてしまうのは致し方がないところです。そのアイテムごとに寿命があるわけです。便器そのものは陶器のため破損などがない限り使用することができますが、トイレタンクなどは10年程度であることが一般的です。ただ、この10年というのはトイレタンク本体が故障をしてしまうわけではありません。接合部などにあるパッキンが劣化したりして発生する水漏れです。本体としてはもっと使用期間が長くなります。

■頭に入れておく程度で問題ない

水回りアイテムの寿命を1つ1つしっかりと記憶しておく必要はありません。あくまでも10年程度という認識で問題ありません。そして、そろそろかなと思ったときに、対象となる水回りアイテムの定期点検を細かく実施するとよいでしょう。これだけでも、寿命は長くなります。また修理をするとなったとき業者に色々な情報を伝えることができるメリットがあります。どれくらいでトラブルが発生してしまうのかは、ネットなどで直ぐに調べることができるため、気が付いたときにチェックをしておきましょう。

■まとめ
水漏れは、水回りアイテムの品質が高くても、どうしても発生してしまうものです。だからこそ、ある程度の寿命時間を頭に入れておいて定期的に点検をしていくことが大切になります。問題が発生するときの前兆などを察することができ、対応をすることができるからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ